抗うつ剤レメロン錠の効果時間

抗うつ剤レメロンはどれくらい効果が続くのか!?半減期との関連性は? - 抗うつ剤レメロン錠の効果時間

抗うつ剤レメロン錠の効果時間

htrhtsレメロンという薬は抗うつ剤です。うつの治療薬として使用される薬です。レメロンはどれくらいの効果があるのか、効果時間について見ていきましょう。効果時間はどんな薬にもありますので薬の効果時間についても見ていきましょう。

薬の半減期について

効果時間はいわゆる半減期と呼ばれている時間です。これは薬の作用時間ととても関連している時期で薬が効果を保つための時間を知る目安に使われます。半減期が短ければその薬はつまり効果が短いということになりますし、半減期が長ければ効果が長いということになります。レメロンの半減期を知ることが効果時間を知ることにもつながるでしょう。

半減期を知ることができれば

半減期を知ることが出来ればどのようなことができると思いますか?それは何時間薬の効果があるのか、それを知ることにつながります。また薬を飲む際にどれくらい間隔を空けることが大事なのか知ることができます。何日くらい飲むことで血中濃度は安定していくのか、離脱症状は現れるのかどうか、それについても知ることができるでしょう。これらの情報を半減期を知ることでわかることが特徴です。

例えば半減期が10時間だったら

もし半減期が10時間だったらどういう意味があると思いますか?それは、10時間効果が続くということになります。そして10時間は効果があるので、内服は10時間間隔で飲むのがいいということになります。そして飲み続ければ、だいたい50時間から60時間で血中濃度が安定し、内服してから10時間経って薬が再び入らなければ離脱症状が起きやすいことにつながります。

レメロンの半減期について

thshsではレメロンの半減期はどれくらいなのでしょうか。レメロンの半減期は32時間程度です。これは抗うつ剤の中ではとても長い方です。レメロンが32時間の半減期ということはつまり、1回飲むことによって32時間は効果が続きます。そして32時間に1回飲めばいいことになります。飲み続ければ160時間から192時間程度で血中濃度が安定し、内服してから32時間経って再度お薬が体に入らなければ離脱症状が起きるということになります。レメロンは32時間おきに飲めばいいのですが、32時間は24時間に8時間追加した時間です。ここまで詳細に薬の管理をすることができる人はなかなか以内ので、その結果レメロンは1日に1回服用することとなっています。

血中濃度が安定しないということは

安定するまでは効果があまり発言されないことになります。ということはレメロンの場合には1週間程度は時間がかかるのです。効果が現れるまでに1週間は時間がかかると思っておくといいでしょう。頭痛薬など身近な薬は、飲んですぐに効果が現れることが多いですが、レメロンは飲み始めてから十分な効果が現れるまでに1週間はかかるということになるのです。うつと診断されてすぐに飲んだとしても1週間は時間がかかると理解しておきましょう。レメロンは独自の作用メカニズムによってとても効果を発揮してくれてうつの症状を改善してくれると言われています。不眠の症状にも効果がありますし、吐き気や性機能障害が起きにくいこともメリットといえるでしょう。しかし副作用もありますので、副作用についてもよく理解しておいたほうがいいかもしれません。
レメロンはうつの治療薬として効果があり、新しいタイプの抗うつ剤としては、有効性が1位であると言われているほどの薬です。従来のSSROやSNRの効果は2週間は必要と言われている中で1週間で効果が現れることは症状緩和につながります。

新着情報

◆2016/11/30
抗うつ剤レメロン錠の効果時間の情報を更新しました。
◆2016/11/30
企業概要を新規投稿しました。
◆2016/11/30
レメロンの効果の出方についての情報を更新しました。
◆2016/11/30
レメロンの作用機序についての情報を更新しました。
◆2016/11/30
レメロンとほかの抗うつ薬との違いについての情報を更新しました。